小学校は放射線管理区域になりました。

原子力施設や放射線利用施設等であって、関係者以外の者の無用な放射線被ばくを防止するとともに、施設内で作業する人の被ばく管理を適正に行うため、放射線被ばくのおそれのある区域を他の一般区域から物理的に隔離した区域を管理区域という。日本の法律では、外部放射線に係る線量が実効線量で3か月あたり1.3ミリシーベルト(mSv)、空気中の放射性同位元素の濃度については、3か月間の平均濃度が空気中濃度限度*の10分の1、及び汚染された物体の表面の放射能密度が表面密度限度の10分の1を超えるおそれのある区域を管理区域として設定するように定めている。管理区域の出入口では、人や物品の放射能汚染が厳しく管理される。*空気中濃度限度とは「1週間についての平均濃度」である。



http://www.rist.or.jp/atomica/dic/dic_detail.php?Dic_Key=889


子供は年間10ミリSvを目安に~安全委
http://news24.jp/articles/2011/04/14/07180899.html

10ミリSv/Year > 3か月分 > 2.5ミリSv/3ヶ月 ...放射線管理区粋の基準3か月あたり1.3ミリSvを超えていますが。

日本政府は、学校の校門に、



この用なプレートを掲示して、出入り口で毎日生徒の放射線量をサーベイさせる気でしょうか。
スポンサーサイト

コメント

Secret

QRコード

QRコード

PR

アニメイトオンラインショップ

Idea online shop

ブックオフオンライン
プロフィール

しっぽ博士

Author:しっぽ博士
ようこそ、ちょっと未来研究所へ

画像はクリックで大きくなります

カウンター
検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近の写真
AA
最新記事
AA
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
AA
カテゴリ
C-PREVIEW
PR
サイバーリンク
月別アーカイブ
AA