スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現場は頑張ってる!!

事件は会議室で起きてるんじゃない。現場で起きてるんだ!


なんで、政府も保安員も東電本社も、リアルタイムで情報を共有しないか!

外野のバックアップがなってない!!



枝野「被害者との関係で、そんなことは考えられないではないでしょうか。」
  「つまり上限があるから、これ以上被害補償しませんってことは、とても考えられないし許されないことだと思っています。」

一義的には東京電力において補償するのが当然だ。

いいこと言った!!そう、はっきりと言ってほしいんだよ。


福島第一原子力発電所 吉田昌郎 所長「ようこそこんな最前線に、おいでくださいました。」





青山繁晴「公職がある、内閣府の原子力委員会の原子力防護部会。テロから原発かぎらず守る。原子力の新しい政策大興?策定員の一人。経産省の総合資源エネルギー調査会の核セキュリティーの委員。3つ公職がある。責任を感じている。」

「撮影してもいいですか?と聞いていいですよといったときだけ撮っている。撮影していいですね?じゃなくて、いいですか?と聞いて、はいどうぞとおっしゃったときだけ撮ってます。」

「構内は見ごとな桜並木がいま続いています」

「免震重要棟、緊急時対策本部が置かれている。」


「個人の開閉禁止、外側の扉と内側の扉が同時に開かないように、扉には作業員がついている」

「センターテーブルでして、復旧だとか、発電の班の班長クラスが集まっている」

「一番大変なとき、600人くらいいた。寝るのも大変な状況。福島第二に寝泊りする場所を用意した」

「ここには、夜240~250人残っている」




「正面の建屋が2号機」

「上がひしゃげた形の3号機が見えてます。いま機械を使って、使用済み燃料プールに水を供給してる作業の最中です。」


「ちょっとできたら止まれます?」

「瓦礫の線量が高いんでもう少し先で」

「左側に見えてくるのが4号機」


「津波の威力からすると、実は水素爆をおこしたりする前の、発原子力発電所の被害としては建物としては良く耐えた方だと思う。上で見ると強靭な鉄パイプとかぐにゃぐにゃになっている。その後の対応をしっかりしていれば、この様な災害にはならなかった。人災なんだという意識をもっていて、非情にフェアな人だと思いました。」

「現場を見ないでいろんなことを言わないでもらいたい。これはメディアに向けてではなくて、原子力保安員や東電本店に向けていっていること。」




「やってられね~よと怒鳴ったかと本人に聞いたら、言いましたと。言いましたが、いった意味が違うんです。一つは現場も見ないで机の上で考えてごちゃごちゃ言って来るな。」

「この非常時にあって、なお、普段の規制を保安員がかけてきて、それに官邸ものっかり、東電の本店ものっかってるんあじゃいか。と指摘している」

「今、同じ様な津波と地震が来たらどうするんだと、それに対する備えがないじゃないかと、あのスマトラ沖地震を考えると、最初のM9の地震があって、三ヵ月後にM8後半の地震があった。」

「防波堤を作る。もうすでに計画はして、資材の調達などもしている」

「当初から所長は提案していた。ところが現場を見ない人達が、たとえば保安員であったり東電の本店の幹部、首脳陣だったり、たとえば土嚢をつめばいいじゃないか、保安員は新たなものを作るには了解事項が必要、時間がかかる。」

「だから、やってられね~よ。といった。」


「現場を大事に出来る国に戻りたい」




天皇さんは、被災地に入る前に現地のことについて勉強をされてから、現地入りされている。


 
福島第一原子力発電所 吉田昌郎 所長 
年頭のご挨拶と、着任のご挨拶
http://www.tepco.co.jp/nu/f1-np/syotyou/index-j.html
スポンサーサイト

コメント

Secret

QRコード

QRコード

PR

アニメイトオンラインショップ

Idea online shop

ブックオフオンライン
プロフィール

しっぽ博士

Author:しっぽ博士
ようこそ、ちょっと未来研究所へ

画像はクリックで大きくなります

カウンター
検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近の写真
AA
最新記事
AA
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
AA
カテゴリ
C-PREVIEW
PR
サイバーリンク
月別アーカイブ
AA
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。